リニア・鉄道館

リニア・鉄道館の入館料、アクセス方法、見どころをご紹介します!

更新日:

リニア・鉄道館とは?

 

リニア・鉄道館とは、今まで線路の上を走り続けてきた、歴代の本物の列車の博物館です。本物だけが持つ迫力や存在感を体感できます。技術やデザインを見ることによって、歴史的意義や産業的な側面をかいま見ることができます。東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでを展示しています。

リニア・鉄道館は名古屋にあります。
住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭3丁目2-2
電話番号:052-389-6100

リニア・鉄道館のホームページはこちらです。
http://museum.jr-central.co.jp/

リニア・鉄道館の館長である天野満宏副館長からのメッセージを YouTube で見ることができます。


 

リニア・鉄道館へのアクセス方法は?

リニア・鉄道館へのアクセスは、名古屋駅より、あおなみ線「金城ふ頭駅」で下車し徒歩約二分のところにあります。

公式ホームページの詳しいアクセスのページはこちらです。
http://museum.jr-central.co.jp/access/

リニア・鉄道館には無料の駐車場がありません。金城ふ頭駅の最寄の駅に近い場所の駐車場を利用しましょう。
駐車場をご利用の方はこちらの PDF をご覧ください。

普通車用駐車場
大型車(バス)・身障者用駐車場
http://museum.jr-central.co.jp/access/_pdf/parking.pdf

その他にも、タイムズ金城ふ頭駅前や、タイムズ金城ふ頭大型車、金城ふ頭駐車場、など安い駐車場があります。リニア・鉄道館に行くには、タイムズ金城ふ頭駅前が便利です。特にバスでの移動はありません。

 

リニア・鉄道館の入館料は?

リニア・鉄道館の入館料・料金は、大人1000円、小中学生500円、幼児(3歳以上未就学児)200円です。その他にも一般団体(20名以上)の料金や、学校教育割引などもあります。障害者手帳をお持ちのお客様はご本人、付き添いの方(1名)とも大人500円/高校生以下200円です。

リニア・鉄道館に年に2回以上行く予定がある方は、小中学生限定ですが、1000円で購入できる割引価格の年間パスポートチケットがお得です。

前売り券は名古屋市港区のコンビニのほとんどで購入できますが、全て定額です。チケット売り場が混雑してる場合が多いので、事前に購入しておくとスムーズに入場できます。

コンビニでは、入館引き換え券の購入となります。取り消しや払い戻しが不可で、本券を入館受け付けで入館券と引き換えます。

 

リニア・鉄道館の見どころと所要時間は?

リニア・鉄道館の見どころと言えば、やはりシンボル展示でしょう。エントランスから入ると並んでいる、高速鉄道技術のシンボルといえる3つの車両が並んでいます。また、東海道新幹線の主力として活躍した様々な車両「300系」「ドクター イエロー」「117系」なども展示されています。色々な角度から見て触れて乗って体感することができます。


日本最大級の面積を誇る、鉄道ジオラマ(模型)が見どころです。東海道新幹線沿線などの代表的な建物や情景、日常的な様子を再現しています。夜間作業含めたジオラマの世界を見ることができるので、子供から大人までお楽しみいただけます。ジオラマには、様々な隠れキャラがいます。見つけてみてください。


新幹線シュミレータ「N700」が見どころです。東海道新幹線の N700系新幹線電車の実物大の運転台を体験することができます。大型の曲面スクリーンにより、運転シュミレーターを行うことができます。15分間というゆったりとした走行体験時間なので、自分が車掌になったような体験ができるのが人気です。シュミレーターの利用には、入館時に渡されるガイドマップで抽選でお申し込みが可能です。


その他にも超電導リニア展示室、週の車両エリア、鉄道の仕組みを説明しているブース、キッズコーナーや映像シアターは、ミュージアムショップ、デリカステーション、展示歴史室、収蔵展示室などがあります。

リニア・鉄道館は沢山の見どころがあるので、見学や所要時間・滞在時間は人それぞれですが、1日中見て回ることができます。レストランはなく売店がありますが、連休や休日などは混雑するので、お弁当持参などもおすすめです。

タカラトミーでは、リニア・鉄道館開館記念スペシャルセットのプラレールを販売しています。

 

リニア・鉄道館 おすすめのお土産とショップについて

リニア・鉄道館のミュージアムショップでは、お土産などが買えます。様々な鉄道のグッズがあり、鉄道好きにはたまりません。


超電導L0系のハンドタオル・フェイスタオルは、鉄道館の限定商品です。


「レールも!車両も!情景も!60周年ベストセレクションセット」は、プラレールオリジナル車両レッドフライナーが入っています。プラレールは株式会社タカラトミーの登録商品です。


「新幹線ビニールボストンバック」は、海やプールなどにおでかけするさいに最適なバックです。新幹線N700Aと923形ドクターイエローが両サイドにそれぞれデザインされているオシャレで楽しいバックです。


「どこでもイース」は、923形ドクターイエローに座れる椅子です。折りたためるので、携帯も可能です。人一倍目立っちゃいましょう!


「展示車両シール」では、館内に展示されている在来線車両や蒸気機関車などを集めました。今では展示が終了となっている「クロ381形式電車のシールも入っています。


「カップリングドクターは、前と後ろでデザインがつながり完成するTシャツです。黒をベースにしたシャツで、大人用のサイズもあります。親子で着るのがおすすめです。


リニア・鉄道館のメダルがおすすめです。記念メダルなども販売されます。リニア・鉄道館のミュージアムの記念としていかがでしょうか。


「新幹線せんぷうき」はN700系新幹線と923形ドクターイエローの2種類がありますが、お子様に大人気です。暑い夏にぴったりの扇風機ですね。


「鉄道大集合ハッピーターン」のチーズ風味がおすすめです、いつものねじった包装ではなく、キラキラとした個包装になっているので、お土産にぴったりです。


梅雨の時期は「鉄道グッズでお出かけフェア」を開催します。梅雨関連グッズやビーチグッズなどを展示販売しています。通年あるので、いつでも買えますよ。


「時代を拓いた新幹線とクルマ」のピンズセットがおすすめです。新幹線とクルマの両方を楽しむことができます。お部屋のカーテンやちょっとしたオシャレにピンバッチが引き立てます。


「しろたん0系プリントミニタオル」は、女の子にも大人にもおすすめのかわいいミニタオルです。手を拭くのが楽しくなりますよ。しろたんが新幹線のかぶりものをしているデザインです。とにかくかわいいのが特徴的です。


サイボーグ009と新幹線がコラボしたポストカードが販売しています。ここだけにしかないオリジナルレアカードです。https://twitter.com/rinioh/status/1131005935990657025

リニア・鉄道館限定キーキャップがおすすめです。新幹線だけでなく、現役の在来線車両のデザインもあります。


「ピクトキーリングN700系」を販売しています。東海道新幹線の駅に表示されているピクトマークをキーリングにしています。


ころころとしてとってもかわいいブリキの鉄道のおもちゃがおすすめです。なぜか海外からのお客さんに人気なんだとか。


「瀬戸焼 新幹線」はいかがでしょうか。熟練した職人たちが手仕事によって一つひとつ手作りで作っています。とても味わい深い新幹線になっています。お部屋のインテリアに最適ですね。


 

リニア・鉄道館での食事について

リニア・鉄道館ので食事やランチは、デリカステーションでお弁当・駅弁を買うことができます。レストランはありませんが、食事をするテーブルがいくつかあります。


「キッズサンド」500円(税込み)(2019年現在6月)がおすすめです。リニア・鉄道館限定のサンドイッチを、土日祝日限定で販売しています。ウインナソーセージと卵サラダのサンドイッチがセットになっています。V字形で挟んでいるので、下から具材がこぼれにくくなっているので、小さなお子様でも食べやすい作りになっています。

「Dr.Yellow lunch box」1000円(税込み)(2019年現在6月)は、人気の高いドクターイエローをデザイン下パッケージのなかに、沢山の具材を詰め込みました。ハンバーグ、ポテトフライ、からあげ、ゼリーなど、お子様が食べやすいものをチョイスしています。限定販売のドクターイエローのカードがついてきます。

「復刻 昭和39年新幹線開業弁当」840円(税込み)(2019年現在6月)は、昭和39年の東海道新幹線開業時に東京駅で販売されていた幕の内弁当をベースに復刻されたお弁当です。白身魚フライ、卵焼き、かまぼこ、牛肉のしぐれ煮やチェリーなどが詰め込まれています。お弁当のイラストデザインもできる限り忠実に再現しています。

「復刻 汽車土瓶」514円(税込み)(2019年現在6月)は、明治22年に静岡駅の弁当やが信楽焼の土瓶に静岡茶をいれて売っていたのが始まりとされています。お茶は入っていませんが、お土産として販売しています。

ご自宅からご飯やお弁当を持ち込むことも可能です。

デリカステーションの最新の情報はこちらです。
https://www.jr-cp.co.jp/shops/delica/

リニア・鉄道館の周辺にランチができるお店が沢山あります。
ピッツェリア マリノ バンビーナ メイカーズ・ピアでは、お手頃価格でイタリア料理を楽しめます。
https://www.marino-net.co.jp/shop/%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%A2-%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%8E-%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%8A-%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%94/

奥山安蔵商店 SeaFood Grill メイカーズピア店では、お手頃価格で魚介料理をお楽しみいただけます。その他にも様々なレストランや食堂があります。

 

リニア・鉄道館で混雑する時期は?

リニア・鉄道館は、愛知県の中でも代表的な観光名所です。混み具合といえば、ゴールデンウィークなどの連休や土日祝日、夏休み中のお盆や春休み、冬休みなど、長期の休みの時期はとても混雑します。

ですが、とても広く十分に見て回ることができる、工夫された施設になっています。館内に入ると広々としており、沢山の人がきても、窮屈にならないほど広く、じっくりと鉄道を堪能することができます。

鉄道の中にも入れるので、外見だけみるのではなく、内側から鉄道を体感することができます。中に入ると、懐かしい鉄道のイメージや思い出がよみがえることでしょう。

沢山の鉄道や2階のブースも充実しているので、1日中遊ぶことができます。座るところもあるので、見学につかれたら一息つけるのも工夫されているとことです。混雑する時期でも十分にたのしむことができますよ。

 

リニア・鉄道館のイベント情報

リニア・鉄道館では、季節により様々なイベントを行っています。特別展「シンカリオン展」の開催や、きかんしゃトーマスなどの特別映像上映会や写真会などが開催されました。

2019年 6月5日~9月9月まで 「鉄道の仕組みがよくわかる!夏の自由研究!」を開催しています。

また、裏レール60周年記念展プラレールの世界も開催されています。(2019年7月3~9月2日の休刊日を除く毎日)

エントランスにはウェルカムプラレールタワーがお出迎えしてくれます。3Dアートフォトスポットでは、まるでプラレールの世界に入り込んだような不思議な写真がとれるフォトスポットを設置、お子様も喜ぶ仕上がりになります。

JR東海とプラレールの世界では、JR東海とタカラトミーの関わりを紹介しています。

歴代のプラレール展では、JR東海管内で活躍した車両の歴代プラレールを展示します。珍しい商品や懐かしい商品がずらりとならびます。

プラレール60周年記念オリジナル特急「レッドフライナー」の世界では、キッズコーナーに期間限定で60周年記念オリジナル特急「レッドフライナー」を設置します。コーナー内の改札を通過すると「レッドフライナー」の世界にはいったようですよ。

ジオラマフォトスポットでは、新幹線の車両展示の再現ジオラマが登場します。

特別映像の上映会では、プラレールキャラクターのてっちゃんが、プラレールの世界を紹介する特別映像を放映します。10:30~、12:30~、14:30~

最新のイベント情報はこちらのページをご覧ください。
https://museum.jr-central.co.jp/event02/

 

リニア・鉄道館の営業時間は?

リニア・鉄道館の営業時間は、10時~17時30分です。休館日は毎週火曜日ですが、春休みやゴールデンウィーク、夏休みなどは火曜日も開館します。開館日は、リニア・鉄道館の公式ホームページでカレンダーにて確認ができます。
リニア・鉄道館の営業カレンダーのページはこちらです。
http://sp.museum.jr-central.co.jp/calendar/

 

名古屋旅行でリニア・鉄道館の他におすすめの観光は?

名古屋では、リニア・鉄道館の他にもおすすめの観光地が沢山あります。名古屋に旅行の際は、ぜひ寄りたい観光スポットです。お子様や大人にも大人気の「レゴランド」は、レゴブロックの楽しさを知ることのできる、アトラクション型のスポットです。ミニランドや、4D シネマ、レゴニンジャゴーシティーアドベンチャーなどもあります。

その他にも、名古屋港水族館などがおすすめです。様々な海洋生物があり、5つの海の様々な生物を見ることができます。

名古屋旅行で楽しみの一つはホテル選びです。リニア・鉄道館に近いホテルでは、レゴランドジャパンホテルや、ザ・カトーホテル、東海シティホテル、名古屋笠寺ワシントンホテルプラザ 、共和ステーションホテルなどがあります。
おすすめのホテル一覧はこちらのページです。
https://www.booking.com/landmark/jp/scmaglev-and-railway-park.ja.html?aid=355715;label=scmaglev-and-railway-park-lCRTzIXRtE29QKZTHVdz2QS166836185411:pl:ta:p1:p2:ac:ap1t1:neg:fi:tikwd-325435116607:lp1009343:li:dec:dm;ws=&gclid=EAIaIQobChMIp7uR67zn4AIVU6aWCh3e2A2QEAAYASAAEgJGQ_D_BwE

 

リニア・鉄道館で気になるポイントは?

リニア・鉄道館でのよくいただく質問では、

コインロッカーはありますか?

○館内にコインロッカーを設置しています。サイズは大小2種類あり、大サイズ:幅41cm×奥行49cm×高さ40cm、小サイズ:幅41cm×奥行49cm×高さ31cmになります。コインロッカーに入らない荷物は預けることができませんのでご注意ください。

○授乳室はありますか?

館内1F総合案内横と2Fキッズコーナー横に授乳室がありますが、お湯の用意はしていません。

○撮影は可能ですか?

一部撮影禁止の表示のある箇所をのぞき、撮影は可能です。ですが、三脚・一脚・自撮棒等の使用、館内で上映している映像の撮影は禁止されています。

○リニア・鉄道館のcmは見られますか?

You Tubeで「リニア・鉄道館のcm」と検索すると見ることができます。

○リニア・鉄道館の入場者数は?

2011年3月14日に開館され、初年度は年間入場者数が100万人以上となり、2017年5月には400万人を超えました。

よくいただくご質問のページはこちらです。
https://faq.jr-central.co.jp/museum/index.html

-リニア・鉄道館

Copyright© 名古屋観光おすすめスポットの見どころ、料金、アクセス、写真で綴る体験レポ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.