リニア・鉄道館とは?

 

リニア・鉄道館とは、今まで線路の上を走り続けてきた、歴代の本物の列車の博物館です。本物だけが持つ迫力や存在感を体感できます。技術やデザインを見ることによって、歴史的意義や産業的な側面をかいま見ることができます。東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでを展示しています。

リニア・鉄道館は名古屋にあります。
住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭3丁目2-2
電話番号:052-389-6100

リニア・鉄道館のホームページはこちらです。
http://museum.jr-central.co.jp/

リニア・鉄道館の館長である天野満宏副館長からのメッセージを YouTube で見ることができます。


 

リニア・鉄道館へのアクセス方法は?

リニア・鉄道館へのアクセスは、名古屋駅より、あおなみ線「金城ふ頭駅」で下車し徒歩約二分のところにあります。

公式ホームページの詳しいアクセスのページはこちらです。
http://museum.jr-central.co.jp/access/

リニア・鉄道館には無料の駐車場がありません。金城ふ頭駅の最寄の駅に近い場所の駐車場を利用しましょう。
駐車場をご利用の方はこちらの PDF をご覧ください。

普通車用駐車場
大型車(バス)・身障者用駐車場
http://museum.jr-central.co.jp/access/_pdf/parking.pdf

その他にも、タイムズ金城ふ頭駅前や、タイムズ金城ふ頭大型車、金城ふ頭駐車場、など安い駐車場があります。リニア・鉄道館に行くには、タイムズ金城ふ頭駅前が便利です。特にバスでの移動はありません。

 

リニア・鉄道館の入館料は?

リニア・鉄道館の入館料・料金は、大人1000円、小中学生500円、幼児(3歳以上未就学児)200円です。その他にも一般団体(20名以上)の料金や、学校教育割引などもあります。障害者手帳をお持ちのお客様はご本人、付き添いの方(1名)とも大人500円/高校生以下200円です。

リニア・鉄道館に年に2回以上行く予定がある方は、小中学生限定ですが、1000円で購入できる割引価格の年間パスポートチケットがお得です。

前売り券は名古屋市港区のコンビニのほとんどで購入できますが、全て定額です。チケット売り場が混雑してる場合が多いので、事前に購入しておくとスムーズに入場できます。

コンビニでは、入館引き換え券の購入となります。取り消しや払い戻しが不可で、本券を入館受け付けで入館券と引き換えます。

 

リニア・鉄道館の見どころと所要時間は?

リニア・鉄道館の見どころと言えば、やはりシンボル展示でしょう。エントランスから入ると並んでいる、高速鉄道技術のシンボルといえる3つの車両が並んでいます。また、東海道新幹線の主力として活躍した様々な車両「300系」「ドクター イエロー」「117系」なども展示されています。色々な角度から見て触れて乗って体感することができます。


日本最大級の面積を誇る、鉄道ジオラマ(模型)が見どころです。東海道新幹線沿線などの代表的な建物や情景、日常的な様子を再現しています。夜間作業含めたジオラマの世界を見ることができるので、子供から大人までお楽しみいただけます。ジオラマには、様々な隠れキャラがいます。見つけてみてください。


新幹線シュミレータ「N700」が見どころです。東海道新幹線の N700系新幹線電車の実物大の運転台を体験することができます。大型の曲面スクリーンにより、運転シュミレーターを行うことができます。15分間というゆったりとした走行体験時間なので、自分が車掌になったような体験ができるのが人気です。シュミレーターの利用には、入館時に渡されるガイドマップで抽選でお申し込みが可能です。


その他にも超電導リニア展示室、週の車両エリア、鉄道の仕組みを説明しているブース、キッズコーナーや映像シアターは、ミュージアムショップ、デリカステーション、展示歴史室、収蔵展示室などがあります。

リニア・鉄道館は沢山の見どころがあるので、見学や所要時間・滞在時間は人それぞれですが、1日中見て回ることができます。レストランはなく売店がありますが、連休や休日などは混雑するので、お弁当持参などもおすすめです。

タカラトミーでは、リニア・鉄道館開館記念スペシャルセットのプラレールを販売しています。

 

リニア・鉄道館 おすすめのお土産とショップについて

リニア・鉄道館のミュージアムショップでは、お土産などが買えます。様々な鉄道のグッズがあり、鉄道好きにはたまりません。


 

リニア・鉄道館での食事について

リニア・鉄道館ので食事やランチは、デリカステーションでお弁当・駅弁を買うことができます。レストランはありません。ご自宅からご飯やお弁当を持ち込むことが可能です。


リニア・鉄道館の周辺に何時ができるお店は沢山あります。
ピッツェリア マリノ バンビーナ メイカーズ・ピアでは、お手頃価格でイタリア料理を楽しめます。奥山安蔵商店 SeaFood Grill メイカーズピア店では、お手頃価格で魚介料理をお楽しみいただけます。その他にも様々なレストランや食堂があります。

 

リニア・鉄道館で混雑する時期は?

リニア・鉄道館は、愛知県の中でも代表的な観光名所です。混み具合といえば、ゴールデンウィークなどの連休や土日祝日、夏休み中のお盆や春休みなど、とても混雑します。ですが、とても広く十分に見て回ることができる、工夫された施設になっています。

 

リニア・鉄道館のイベント情報

リニア・鉄道館では、季節により様々なイベントを行っています。特別展「シンカリオン展」の開催や、きかんしゃトーマスなどの特別映像上映会や写真会などが開催されました。

 

リニア・鉄道館の営業時間は?

リニア・鉄道館の営業時間は、10時~17時30分です。休館日は毎週火曜日ですが、春休みやゴールデンウィーク、夏休みなどは火曜日も開館します。開館日は、リニア・鉄道館の公式ホームページでカレンダーにて確認ができます。
リニア・鉄道館の営業カレンダーのページはこちらです。
http://sp.museum.jr-central.co.jp/calendar/

 

名古屋旅行でリニア・鉄道館の他におすすめの観光は?

名古屋では、リニア・鉄道館の他にもおすすめの観光地が沢山あります。名古屋に旅行の際は、ぜひ寄りたい観光スポットです。お子様や大人にも大人気の「レゴランド」は、レゴブロックの楽しさを知ることのできる、アトラクション型のスポットです。ミニランドや、4D シネマ、レゴニンジャゴーシティーアドベンチャーなどもあります。

その他にも、名古屋港水族館などがおすすめです。様々な海洋生物があり、5つの海の様々な生物を見ることができます。

名古屋旅行で楽しみの一つはホテル選びです。リニア・鉄道館に近いホテルでは、レゴランドジャパンホテルや、ザ・カトーホテル、東海シティホテル、名古屋笠寺ワシントンホテルプラザ 、共和ステーションホテルなどがあります。
おすすめのホテル一覧はこちらのページです。
https://www.booking.com/landmark/jp/scmaglev-and-railway-park.ja.html?aid=355715;label=scmaglev-and-railway-park-lCRTzIXRtE29QKZTHVdz2QS166836185411:pl:ta:p1:p2:ac:ap1t1:neg:fi:tikwd-325435116607:lp1009343:li:dec:dm;ws=&gclid=EAIaIQobChMIp7uR67zn4AIVU6aWCh3e2A2QEAAYASAAEgJGQ_D_BwE

 

リニア・鉄道館で気になるポイントは?

リニア・鉄道館でのよくいただく質問では、

コインロッカーはありますか?
授乳室はありますか?
撮影は可能ですか?
リニア・鉄道館のcmは見られますか?
リニア・鉄道館の入場者数は?
などがあります。

よくいただくご質問のページはこちらです。
https://faq.jr-central.co.jp/museum/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です