名古屋城

名古屋城の料金、アクセス方法、見どころをご紹介します!

更新日:

名古屋城とは?

名古屋城は、歴史のある建物として、国の重要文化財として登録されています。名古屋城の城主は、徳川家康であり、家康の子供の義直のために建てた城といわれています。もともとは織田信長が生まれた城であったのですが、1580年頃に廃城となり、そのあとに名古屋城が立てられています。昭和20年の空襲で焼失しましたが、1959年に金のしゃちほこを乗せた大天守閣と小天守閣に建て替えられました。

名古屋城の歴代城主、初代城主は、徳川義直です。関ヶ原の戦いの1600年に生まれた家康の九男です。二代城主は、義直の長子である、徳川光友(みつとも)です。三代城主は、光友の長子で、徳川綱誠(つななり)です。四代城主は、綱誠の十男である吉通(よしみち)がつぎました。五代城主は、吉通の長子である五郎太が継ぎますが、幼少であり3歳でなくなりました。六代城主は、三代城主、綱誠の十一男の継友(つぐとも)がつぎました。

・七代城主 宗春(むねはる)
・八代城主 宗勝(むねかつ)
・九代城主 宗陸(むねちか)
・十代城主 斉朝(なりとも)
・十一代城主 斉温(なりはる)
・十二代城主 斉荘(なりたか)
・十三代城主 慶臧(よしつぐ)
・十四代城主 慶勝(よしかつ)
・十五代城主 茂徳(もちなが)
・十六代城主 義宣(よしのり)
・十七代城主 慶勝(よしかつ)

名古屋城の年表は、名古屋城公式ページのこちらです。
https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/learn/history/chronology/

2017年に、名古屋城の木造復元工事が行われました。
名古屋城の住所は、愛知県名古屋市中区本丸1-1です。電話番号は、名古屋城振興協会 052-231-1655です。

大天守の大きさは、高さは55.6m、18階建ての高層建築に相当する高さを持っています。広さは4424.5m2と史上最大級の規模となっています。

名古屋城のゆるキャラは、ちょんまげがかわいい、はち丸くんです。
https://www.google.com/search?rlz=1C1LEND_enJP444JP444&q=%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%9F%8E+%E3%82%86%E3%82%8B%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9&tbm=isch&source=univ&sa=X&ved=2ahUKEwj80djZ-6PhAhVpyIsBHVrHAtUQsAR6BAgHEAE&biw=1128&bih=614

 

名古屋城の本丸御殿について

名古屋城の本丸御殿とは、近世城郭御殿の最高傑作と言われています。徳川家康によって建てられた、尾張徳川家の城・名古屋城です。本丸御殿は、尾張藩主の住居として、また版の政庁として1615年に完成しました。

御殿の内部は、障壁画や襖絵、飾金具などで飾られ、江戸時代の先端技術を注いだ最高傑作とたたえられるほどでした。名古屋市が2009年から復元を進めてきた本丸御殿は、400年前のすがたに復元を完成させました。

中へは靴を脱いであがりますが、裸足やストッキングの方にはスリッパもかしてくれます。中では撮影も可能です。沢山写真をとってゆっくり回っても約20~30分ほどあれば見て回れると思います。


本丸御殿の孔雀の間は、一般に貸し出しをしています。一日2万円で借りることができます。貸し出し対象は、三六畳の孔雀の間と、二十畳の柳の間で、90人は収容できます。西側には三畳の床があり、二十畳の柳の間では、バックヤードとして使用できるようになっています。冷暖房も完備され、隣接されたトイレも使えます。これは便利ですね。

ですが、名古屋城の入場料の500円はかかってしまい、名古屋城での再入場ができないので、そのたびに500円かかってしまうことがあります。スタッフやお手伝いさんのなかに定期観覧券をもっていると便利ですね。

様々なイベントや展覧会がいつも開催されています。ほかの観覧者の妨げにならない範囲での活動や利用が条件になります。記者会見や着付けのイベントなど、さまざまな用途につかわれています。孔雀の間が1日2万円出借りられるなんてとてもリーズナブルですね。

孔雀の間は他の部屋と違って、ゴージャスな障壁画や襖絵などはありませんが、使用後に厳しいチェックがはいるそうです。

2019年4月20日~5月6日には、「刀剣展 -尾張に伝わる刀剣-」が孔雀の間で開催されました。名古屋城の観覧料が必要ですが、本丸御殿の孔雀の間は入場無料です。日本刀は世界に比類なき美術品でもあり、武器であり、長く後世に伝えられています。武具の中でも特別に扱われ、日本人の精神的支柱となってきました。

この「刀剣展 -尾張に伝わる刀剣-」では、より多くの人に見て理解してもらうことで、日本美術刀剣保存協会名古屋支部と名古屋城の共催により、開催されました。



名古屋城・本丸御殿のペーパークラフトが人気です。復元 幕末期名古屋城本丸御殿ペーパークラフト<日本名城シリーズ1/300>として販売されています。家で再現してみても面白いかもしれません。
Amazon のページはこちらです。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-4571350470356-%E5%BE%A9%E5%85%83-%E5%B9%95%E6%9C%AB%E6%9C%9F%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%9F%8E%E6%9C%AC%E4%B8%B8%E5%BE%A1%E6%AE%BF%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88%EF%BC%9C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%90%8D%E5%9F%8E%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA1-300%EF%BC%9E/dp/B01EMXEXGW


 

 

名古屋城へのアクセス方法は?

名古屋城の本丸御殿までの電車でのアクセス・行き方は、最寄り駅、地下鉄名城線「市役所」 下車 7番出口より徒歩 5分です。最寄り駅、名鉄瀬戸線では「東大手」 下車 徒歩15分です。

名古屋駅から名古屋城へは、バス・メーグルがおすすめです。メーグルとは、名古屋市内にある一定の観光地を、一日中グルグル回っている観光バスです。1階乗車200円で乗れます。フリーパスは500円です。ドニチエコきっぷでもフリーパスで乗れます。また名古屋駅から名古屋城までは行きと帰りの往復便もあります。

バスメーグルの詳細はこちらのページです。
https://www.nagoya-info.jp/routebus/


名古屋城周辺の駐輪場は、
・パークゼウス浅間町駅前 愛知県名古屋市西区新道1丁目1
・浅間町第一自転車駐車場 愛知県名古屋市西区新道1-2
などがおすすめです。

お車でお越しの方は、名城公園正門前駐車場(愛知県名古屋市中区三の丸1丁目-1)があります。319台あり、名古屋城に最も近い駐車場です。駐車料金は普通料金が30分180円です。お安い料金が特徴です。バイク30分100円、大型車最初の1時間、及び以後30分前600円です。

・名城公園二の丸東駐車場(愛知県名古屋市中区二の丸1)もあります。123台あり、名古屋城に近いのが特徴です。普通車30分180円です。

・名城公園北園駐車場(愛知県名古屋市北区名城3丁目1)は75台あります。コインパーキングで、入庫55分間無料、以降30分230円です。

その他にも予約制の駐車場があります。
・ akippa グレーシア城西駐車場 愛知県名古屋市西区城西1丁目8-8

名古屋駅~名古屋駅上までタクシーで来る場合は、約1090円ほどかかります。バスがおすすめです。

名古屋城へのアクセスの詳細のページはこちらの公式ページがあります。
https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/access/


 

名古屋城の料金は?

名古屋城の入場料・拝観料・チケット料金は、大人500円、名古屋市内高齢者100円、中学生以下無料です。

30人以上の団体であれば、大人はひとり450円に割引になります。100人以上の団体は400円の料金割引です。

名古屋城のイベントでは、ローソンチケットなどで、前売り券が発売されることがあります。

ローチケのページはこちらです。
https://l-tike.com/


名古屋城の割引を受けるには、名古屋の市バス、地下鉄を1日乗り放題にできるチケットの、ドニチエコきっぷを提示することで、大人500円が400円になります。土日休日等毎月8日に利用できます。JAF会員証での割引は行っていません。

名古屋まつりでは、名古屋の秋を彩る最大のお祭りです。名古屋城や東山動植物園など、名古屋市内の観光施設の無料開放が行われます。無料開放日や名古屋祭りはもちろん、春夏秋冬、緑が綺麗でみどころがあります。ぜひ名古屋城に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

名古屋城での食事について

名古屋城の周辺には、ランチや食事ができるおすすめのレストラン・カフェが沢山あります。名古屋城の付近には沢山のグルメ・お店があるので、ディナーで、お弁当、食べ歩きもおすすめです。

・名古屋城 正門横食堂 愛知県名古屋市中区本丸1-1-1号 名古屋城内 052-231-1655

名古屋城 正門横食堂は、名古屋城の正門のすぐ近くにある食堂です。名古屋の名物である味噌串カツやきしめんなどの名古屋めしが食べられます。その他にも、アイスクリームやみつ豆などのデザート・スイーツなども食べられます。
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23008924/

・名古屋城金シャチ海鮮市場BEER&BBQ 愛知県名古屋市中区三の丸1丁目2-2 義直ゾーン内 名古屋城「金シャチ横丁」 070-1666-6700

名古屋城金シャチ海鮮市場BEER&BBQではその名の通り焼肉・バーベキューが食べられます。ビュッフェ形式、手ぶらでいける「屋外」大型ビアガーデンです。
https://fdbank.jp/nagoya-jyo-beer-bbq/

・矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店 愛知県名古屋市中区三の丸1丁目2-5 052-231-8810

矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店矢場とん 名古屋城金シャチ横丁店では、厳選された食材と調理方法、バランスが受け継がれた味噌カツが食べられます。
http://www.yabaton.com/modules/policy/index.php?content_id=1

・ひつまぶし 名古屋 備長 金シャチ横丁店 愛知県名古屋市中区三の丸1丁目2番5号 052-223-5777

ひつまぶし 名古屋 備長 金シャチ横丁店ひつまぶし 名古屋 備長 金シャチ横丁店では、極上のうなぎ・ひつまぶしが食べられます。
http://hitsumabushi.co.jp/kinshachi/

・二の丸茶亭 愛知県名古屋市中区本丸1-1 名古屋城内  052-231-1655

二の丸茶亭では、抹茶と和菓子をお召し上がりいただけます。みつ豆や抹茶ぜんざい(冬季限定)もあります。
http://www.nagoyajo.jp/shop/menu_cafe_ninomaru.html

・カフェ ド リオン 愛知県名古屋市西区那古野1丁目23-8 052-571-9571

カフェ ド リオンでは、ケーキ、パフェ、プリンなどのスイーツや、ビーフシチューやトーストなどの軽食も食べられます。パフェには定評がありかなりボリュームのあるパフェが食べられます。
https://cafedelyon.net/

・サクラ屋珈琲店 愛知県名古屋市西区押切1-2-13  052-524-7555

サクラ屋珈琲店では、モーニングが食べられる古民家ふうのカフェ・喫茶店です。くつろげる和風空間が人気です。
https://cafe-3552.business.site/

・名古屋能楽堂「しら河別邸 日本料理 大森」 愛知県名古屋市中区三の丸一丁目の名古屋城正門前にある能楽堂のレストラン 052-218-2220

しら河別邸 日本料理 大森では、洗練されたしつらいの中、ゆっくりとくつろぎながら四季折々の旬の和食を食べることができます。予約が必要です。

大森のお部屋



・手打そば処 谷屋 愛知県名古屋市西区幅下1丁目1―11 052-561-3663

手打そば処 谷屋では、粗引きで売った風味等のどごしをお楽しみいただける二八そばを食べることができます。十割そばも駄目られます。美食家の方におすすめです。
https://soba-taniya.com/

・中華そば 白壁あおい 愛知県名古屋市東区白壁1丁目36  052-971-0187

中華そば 白壁あおいでは、ラーメンが食べられます。こだわりのつけ麺などもおすすめです。
http://fujiyama55.co.jp/menu/

・あんかけ太郎 名古屋城金シャチ横丁店

あんかけ太郎 名古屋城金シャチ横丁店では、あんかけのスパゲッティーが食べられます。名古屋でしか味わえないあんかけが、絶妙な味にしあげています。
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23066902/

・元祖手羽先唐揚 風来坊 栄店 愛知県名古屋市中区栄4丁目5―8 1F エアリビル 052-241-8016

元祖手羽先唐揚 風来坊 栄店では美味しい手羽先が人気です。名古屋では手羽先が名物です。

HOME



・元祖天むす千寿 近鉄名古屋駅改札横 売店 愛知県名古屋市中村区名駅1-2-2 近鉄名古屋駅地下改札口横 052-583-1064

元祖天むす千寿 近鉄名古屋駅改札横 売店では、てんむすを販売しています。

・山本屋総本家 金シャチ横丁店 おいしいおいしいうどんが食べられます。名古屋名物のみそにこみうどんがおいしいです。愛知県名古屋市中区三の丸1-2-5  052-212-7488

・ディーンアンドデルーカ カフェ名城公園 マフィンやワンプレーとのランチなどが楽しめます。おしゃれなメニューなのが印象的です。
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23063877/dtlmenu/photo/

そのほかにも名古屋城周辺には沢山のグルメを堪能できますよ。

大銀杏 名古屋西店は、浅間町駅より徒歩3分、愛知県産の錦爽鶏をを使った料理が食べられます。
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23066057/

コンテンポラリー・ダイニング クラウンでは、自然に囲まれた名古屋城を眺めながら食事ができるフレンチレストランです。
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23001038/

 

名古屋城の営業時間について

名古屋城の営業時間・開館時間は午前9時から午後4時30分です。本丸御殿、西南隅櫓の入場は午後4時までです。ただし、本丸御殿、西南隅櫓へのご入場は午後4時までです。

正門・東門から本丸御殿、西南隅櫓へは歩いて10分ほど時間がかかるので、本丸御殿等へ入場を希望される方は、午後4時までに正門・東門ではなく、本丸御殿の建物の入り口に来てください。

名古屋城の見学にかかる時間は、約1時間から1時間30分ほどですので、早めの時間帯にお時間に余裕を持ってこられるのが良いですね。

2019年8月31日までは、開園時間を午後5時30分まで延長しています。(建物内への入場は午後5時まで)

休館日は、年末年始の12月29日~31日、1月1日(4日間)ですが、催事等により変更となる場合があります。4時30分には閉館してしまいますが、夜は名古屋公園などからみえる名古屋城がライトアップされて最高の景色となります。たとえ入場しなくても幻想的な世界を堪能するのに、とてもおすすめのスポットです。

名城線の「市役所」からでは7番出口より徒歩5分です。瀬戸線「東大手」からでは徒歩15分です。


 

名古屋城の天守閣について

名古屋城の天守閣は、残念ながら、中をみることはできません。中を見ることができるのは本丸御殿だけです。
現在の天守閣は、コンクリート製ですがそれを解体し、木造化を目指しているようです。天守閣の工事はいつからというと、2020年の3月からを予定しており、完成は2022年をめざしています。

解体工事に向けた足場の費用や、木造の天守閣となると、どれほど費用がかかるのかはわかりませんが、数億単位であることは間違いありません。より一層素敵な天守閣に生まれ変わってくれるとよいですね。

ですが、障害者などにも使用されるエレベーター問題などがあり、木造建築での議論が活発になっています。エレベーターをつけると外観が損なわれるなどの反対意見もあり、障害者団体が、天守閣のエレベーター問題で、日本弁護士連合会に人権救済申し立てをしています。名古屋城天守閣は、竹中工務店がうけおっているようです。

 

名古屋城のイベントについて

名古屋城ではイベントを行っています。名古屋城を春祭りでは、2019年3月23日~2019年5月6日まで、季節のイベントを行っています。
名古屋城イベントのページはこちらです。
https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/event/2019/03/20190321_219.html

名古屋城では、おもてなし武将隊というのが存在します。時には忍者がいたりします。名古屋城内をあるいているといきなり遭遇したり、案内をしてくれています。一緒に写真もとってくれたりするので、旅の記念におすすめです。
名古屋城 武将隊のスケジュールはこちらです。
http://busho-tai.jp/schedule/
武将隊の出陣表なるものをみることができます。おもてなし演武のスケジュールなどものっています。


名古屋城の春祭りイベントのページはこちらです。

春まつり


春は桜の花が咲き乱れてとても綺麗ですよ。さくらだけでなく緑や植物が綺麗で、絶好のフォトスポットです。梅、ボケ、つつじ、藤、ボタン、ハナミズキなどの花が咲き乱れます。


名古屋城の冬祭りイベントのページはこちらです。
https://www.nagoya-info.jp/event/center/post_421.html
冬祭りでは、恒例のカウントダウンイベントをはじめ、新春の名古屋城でさまざまなイベントを開催しています。

名古屋城では新春カウントダウンを行っています。
詳しいページはこちらです。
https://www.nagoya-info.jp/event/center/post_213.html


名古屋城ではプロジェクションマッピング、名古屋城×NAKED『NIGHT CASTLE OWARI EDO FANTASIA』が2018年に開催されました。NAKEDは、これまでも様々な世界遺産や文化財を舞台に、ライトアップや光の演出をしてきました。城内の名古屋城本丸御殿東側で、外壁の一面に当時の尾開の風景を映し出したり、華やかな演出をしてくれました。

名古屋城では、リアル謎解きゲームを開催しました。「城にかくされた黄金の鱗」という題名です。2018年7月21~2019年3月15日に開催されました。さまざまなイベントを行っていますね。

名古屋城の9月のイベントでは、秋まつりとして、コンサートや 火縄銃の実演、飲食ブースなど、多彩なイベントが開催されました。

名古屋城の紅葉のみごろは11月中旬~12月上旬であり、ライトアップもされるのが幻想的で見物です。どの季節も良いですが、秋の紅葉はみごとですので、ぜひ見に行ってください。

2月中旬~3月下旬までは、名古屋城内では、梅が約160本(なつか、なんこう、みちしるべ、ぶんご、おもいのまま)植えてあり、見頃となっています。

名古屋城2017年では、年末から元旦にかけてカウントダウンイベントを開催しました。名古屋おもてなし武将隊や、あいち戦国姫隊が登場し、派手やかに演出されました。
https://ameblo.jp/busho-tai/entry-12232724463.html


名古屋城は、ピンクリボンにも参加し、ピンクリボンライトアップをします。10月は乳がん月間です。乳がんのことをよく知ることで、乳がんになるリスクを少しでも減らすという月間です。

 

名古屋城の見どころと見学ルートについて

名古屋城の見どころは、やはり本丸御殿の内見と、国宝である天守閣・金のしゃちほこでしょう。名古屋城の石垣もまた見所です。天守閣の中には入れませんが、本丸御殿の中には入れます。本丸御殿内見の所要時間は、20分~30分程度あれば十分に見れると思います。障壁画や襖絵がきらびやかで、飾金具などで飾られています。説明書きなどもあるので、読みながらゆっくりと鑑賞いただけます。ガイドサービスもついているので、楽しみ方の一つとして活用するのもおすすめです。

名古屋城観光の回り方・見学ルートとしては様々ですが、正門から右手に進み、二の丸茶東庭園の方へから回っていくのがおすすめです。春には桜や梅が綺麗に咲き誇り、見頃です。花見をしながら探索できるでしょう。名古屋城の東内堀もみどころです。名古屋城の東門がチケット売り場となっています。天守閣の7階で名古屋城の御朱印をもらうのもおすすめですが、2019年現在では正門横の売店でもらえます。御朱印帳はありません。


二の丸茶屋で休憩をしたら、二の丸広場を通り、天守閣を見上げます。本丸御殿を観覧し、天守閣を抜けて、重要文化財である西北隅櫓を通り、正門に戻る回り方がおすすめです。全て見学するとして、滞在時間は1時間半ほどあれば回れると思います。

二の丸庭園は、二之丸御殿の北側に造られた庭園であり、藩主が居住した御殿の庭園としては日本一の規模を誇ります。秋には紅葉が美しいのが特徴です。

名古屋城の新たな城下町として、金シャチ横丁も情緒があり、食事をしなくても見て楽しい場所です。また、名古屋城の外堀を歩いてみるのもおすすめです。

天守閣のライトアップの時間は、毎日日没から午後11時までです。毎月8日は環境デイのために、午後9時半までのライトアップです。また、ライトダウンキャンペーンにより早めに消灯することもあります。

本丸御殿では、孔雀の間を貸し出しています。また、敷地内に4つの茶席がありますが、角田石と邸内へ入る門とは結ばれています。通常一般公開はしておりませんが、お茶会のほか、結婚式などにもご利用いただけます。
貸し出しの詳し情報はこちらです。
https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/info/rental/

名古屋城の正門前にある能楽堂では、世界遺産の能や狂言などの伝統芸能のほか、国際会議や結婚式など様々な催しにご利用いただけます。

時間があれば、メーグル(名古屋観光ルートバス)で、名古屋城から徳川園のほうまで見学するのがおすすめです。

 

名古屋城のお土産について

名古屋城ではお土産売り場があります。正門横売店、内苑売店では、金シャチ置物、キーホルダー類、文具、お菓子、風呂敷、日本酒などの酒類が販売されています。そのほかにもアイスクリームや名古屋ご当地のメーカー限定のお菓子などがずらりとならんでいます。

しゃちほこの絵がかいてあるじゃがりこや、しゃちほこの着ぐるみを着たキョロちゃんがプリントされたチョコボーツなど、かわいくてついつい買ってしまう、お土産にぴったりのお菓子が沢山あります。あと有名なのは金シャチ焼きです。

二の丸売店ではソフトクリームやみたらし団子がうっていますが、名古屋城では五平餅がおすすめです。


本丸御殿ミュージアムショップでは、本丸御殿、名古屋に関するグッズ、絵葉書、マグネットなどが買えます。おすすめなのは、名古屋城本丸御殿とかかれている金ぴかに光るクリアファイルです。様々な襖絵にでてくる生き物たちが描かれています。見学後にみたら、つい欲しくなってしまうクリアファイルです。とても豪華なので、これをもっていたら目立ちますね。そのほかにもタンブラーなどもありました。

金鯱の館は、金鯱に関するグッズが勢揃いです。しゃちほこが大好きな人にはおすすめのお店です。お店の中が様々なしゃちほこで金ぴかです。名古屋城でしか手に入らない物ばかりです。

名古屋城では売店が充実しています。名古屋城にきたお土産にぜひ見て買って楽しんでください。


 

名古屋城の案内・マップについて

名古屋城の案内図・地図・マップはこちらです。全体図・見取り図を把握しておくと、便利です。
https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/guide/

名古屋城ではパンフレットをもらえるので、ガイドをみながら進めます。正門・東門にコインロッカーがあります。荷物が大きくて入らない場合は、正門の総合案内所で荷物1つにつき300円で預かっています。

名古屋市観光文化交流局 名古屋城総合事務所はこちらです。愛知県名古屋市中区本丸1-1 052-231-1700

 

名古屋城はペット同伴可能なの?

名古屋城では、犬や猫などのペットをつれて入場することができますが、リード等でつないでください。糞の後始末や汚物は始末をしてお持ち帰りください。本丸御殿はペットの入場を禁止させていただいております(補助犬は入場できます)。

 

名古屋城周辺の金シャチ横丁について

名古屋城周辺のお食事処、金シャチ横丁がおすすめです。東門エリア宗春ゾーン、正門エリア義直ゾーンと分かれており、風情のある横町です。なごやグルメを堪能できます。定休日は各店舗により異なります。


アクセスはこちらです。
http://kinshachi-y.jp/access/access.html

年末年始の情報や営業時間などの詳しいことは、052-231-2488(名古屋城総合事務所)までお問い合わせください。

「宗春ゾーン」では、7店舗お食事処があり、さまざまなグルメを楽しむことができます。
金シャチ横町 宗春ゾーンのページはこちらです。
http://kinshachi-y.jp/muneharu/muneharu.html

・「SHIROMACHI GRILL」は、グルテンフリー食材使用のイタリアンのスローフードを堪能することができます。 052-212-8448

・「あんかけ太郎」では、名古屋の名物あんかけパスタを食べることができます。ひと味違った味をぜひ食してみてください。 052-212-5554

・「bistro那古野」では、渥美半島産の「保美豚」をつかった多彩な洋食料理をいただけます。052-212-7385

・「フジヤマ55」では、濃厚豚骨魚介のスープと添加物不使用の自家製麺で、つけ麺やラーメン、台湾まぜそばなどが食べられます。 052-212-7375

・「saien」毎朝市場で仕入れるシーフードと有機野菜中心のカフェ&バーです。052-212-8553

・創作串揚げ「つだ」では、新鮮食材と巧みな技による創作串揚げとワインのお店です。とってもおしゃれですよ。 052-212-5559

・cafe diner「POP OVER」では、ジェラートやスイーツにポップオーバーなど、本格的な肉料理もいただけます。052-212-5560

金シャチ横町の「義直ゾーン」では、10店舗のお食事処があります。

・十代目儀助「GISUKEでは、愛知県の地酒や梅酒、地ビールの販売とお酒の有料試飲も行っています。 052-228-0339


・「山本屋総本家 金シャチ横町店」では、大正14年創業の伝統の味を守り続けている、味噌煮込みうどんを食せます。 052-212-7488

・「鳥開総本家」では、全国丼グランプリ4年連続金賞受賞の親子丼などのコーチン料理を食べられます。 052-218-2422

・「びんちょうひつまぶし」では、備長炭で焼き上げる名店のあじ・ひつまぶしを食せます。052-223-5777

・みそかつ「矢場とん 名古屋城金シャチ横町店」は、名古屋では有名ですね。かりっと揚げたカツに秘伝のみそだれをかけて食べます。名古屋グルメの大定番です。 052-231-8810

・名古屋とうふ「河口」では、国産の大豆と自然海塩にがりを使用した、こだわりの名古屋どうふを食せます。052-231-8810

・創業明治2年「尾張屋」では、140年続く漬け物の老舗です。漬け物とその技術を活かした魚の粕漬けです。052-231-8810

・「おみやげなごみや」では、名古屋城関連のお土産、金シャチ横町オリジナルグッズも販売しています。 052-212-8164

・那古野茶屋では、尾張藩の御用菓子・茶屋です。お食事もお土産もあります。052-212-7237

・「えびせんべい」の里では、様々な種類のせんべいを試食しながらお買い物ができます。052-212-5188

・天丼「徳川忠兵衛」では、愛知県の食材を中心に地野野菜などにこだわった天丼が食べられます。 052-212-7012

・「スギモト 牛鍋店」お肉の専門店スギモトでは、肉のうまみを引き出した牛汁鍋が絶品です。052-212-5646

 

名古屋城周辺のホテルについて

「ホテルナゴヤキャッスル」
ホテルナゴヤキャッスルは、名古屋城の目の前にあります。飲食店が10軒と、美容院、フィットネスセンター(屋内スイミングプール、サウナあり)が併設されているリゾート的なホテルです。館内全域で無料Wi-Fiがつかえるのがうれしいですね。名古屋駅とのアクセスは良好で、無料往復シャトルバスを運行しています。フロントは24時間対応で、コンシェルジュサービス、外貨両替、荷物サービス、ビジネスセンター施設なども利用できるなど、様々なサービスが提供されています。

ホテルナゴヤキャッスルのページはこちら。
https://www.booking.com/hotel/jp/westin-nagoya-castle-ming-gu-wu-shi.ja.html?aid=355715;label=nagoya-castle-2-iPNOoPHtEmo8e1hvmejuywS68100757932%3Apl%3Ata%3Ap1%3Ap2%3Aac%3Aap1t1%3Aneg%3Afi%3Atiaud-285284111006%3Akwd-58689982195%3Alp1009343%3Ali%3Adec%3Adm;sid=3fa90d5738221afba0574be6f0c1519b

「KKRホテル名古屋」
KKRホテル名古屋は、名古屋市に位置する禁煙のホテルです。たばこの臭いが苦手というかたにぜひおすすめのホテルです。無料Wi-Fiとエアコンつきです。荷物預かりが可能、レストランもあります。名古屋城から800メートルという近場で、お部屋にはデスク、薄型テレビ、冷蔵庫なども常備しています。朝食はビュッフェ式です。
https://www.booking.com/hotel/jp/kkr-hotel-nagoya.ja.html?aid=355715;label=nagoya-castle-2-iPNOoPHtEmo8e1hvmejuywS68100757932%3Apl%3Ata%3Ap1%3Ap2%3Aac%3Aap1t1%3Aneg%3Afi%3Atiaud-285284111006%3Akwd-58689982195%3Alp1009343%3Ali%3Adec%3Adm;sid=3fa90d5738221afba0574be6f0c1519b

「ホテル・アンドルームス名古屋栄」
ホテル・アンドルームス名古屋栄は名古屋市にあります。オアシス21から約700メートル、名古屋城からクルマで10分ほど、また徒歩では15分ほどかかります。無料Wi-Fi利用可能、朝食のお部屋へのデリバリー(リクエスト制)を提供する1階にはベーカリーがあります。最上階には大浴場を併設され、久屋大通駅(2A出口)から徒歩わずか5分です。
https://www.booking.com/hotel/jp/androoms-nagoya-sakae.ja.html?aid=355715;label=nagoya-castle-2-iPNOoPHtEmo8e1hvmejuywS68100757932%3Apl%3Ata%3Ap1%3Ap2%3Aac%3Aap1t1%3Aneg%3Afi%3Atiaud-285284111006%3Akwd-58689982195%3Alp1009343%3Ali%3Adec%3Adm;sid=3fa90d5738221afba0574be6f0c1519b

「ホテルビスタ名古屋錦」
ホテルビスタ名古屋錦は、名古屋市にあるホテルです。オアシス21から500メートルの位置にあります。エアコン付きで館内全域での無料Wi-Fiが可能です。併設されたレストランが提供されています。お部屋には薄型衛生テレビ、ポット、専用バスルーム(バスタブ、ビデ付き)スリッパ、無料バスアメニティがあります。フロントは24時間対応です。
https://www.booking.com/hotel/jp/vista-nagoya-nishiki.ja.html?aid=355715;label=nagoya-castle-2-iPNOoPHtEmo8e1hvmejuywS68100757932%3Apl%3Ata%3Ap1%3Ap2%3Aac%3Aap1t1%3Aneg%3Afi%3Atiaud-285284111006%3Akwd-58689982195%3Alp1009343%3Ali%3Adec%3Adm;sid=3fa90d5738221afba0574be6f0c1519b


名古屋城の周辺のホテルやビジネスホテルはこちらでお探しください。
https://www.booking.com/landmark/jp/nagoya-castle-2.ja.html?aid=355715;label=nagoya-castle-2-iPNOoPHtEmo8e1hvmejuywS68100757932:pl:ta:p1:p2:ac:ap1t1:neg:fi:tiaud-285284111006:kwd-58689982195:lp1009343:li:dec:dm;ws=&gclid=EAIaIQobChMIttaAkZy44QIVwqmWCh0dLwrzEAAYASAAEgKzaPD_BwE

-名古屋城

Copyright© 名古屋観光おすすめスポットの見どころ、料金、アクセス、写真で綴る体験レポ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.