熱田神宮

熱田神宮のアクセス方法、見どころ、営業時間をご紹介します!

更新日:

熱田神宮とは?

熱田神宮は、名古屋の中心地・都会の中に深閑としずまるように存在します。古くより格別に尊いお宮として篤い崇敬を集めています。熱田神宮の面積は広く、広大な規模の敷地があり、緑に囲まれているので、都会の喧騒をけしてくれる癒しの空間といえるでしょう。

熱田神宮の住所は、愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1、電話番号は 052-671-4151 です。

熱田神宮のホームページはこちらです。
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

熱田神宮の歴史は古く、創建・創祀1900年といわれています。皇室が伝えてきた3種の神器の1つ、草薙の剣が御神体となっています。国家鎮護の神宮として特別に取り扱われています。祭神(さいじん)・氏神は、熱田大神(あつたのおおみかみ)です。神様ですね。

相殿神(あいどのしん)は、天照大神(あまてらすおおかみ)、素盞嗚尊(すさのおのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)、宮簀媛命(みやすひめのみこと)、建稲種命(たけいなだねのみこと)です。

大宮司職は、尾張氏が務めていましたが、その後、藤原季範にその職が譲られました。
熱田神宮の歴代大宮司の詳細のページはこちらです。
https://office-morioka.com/myoji/genealogy/jisha/atsuta_daiguji.html

2018年9月から熱田神宮の宮司は、千秋(せんしゅう)すえより氏が就任しています。千秋氏は、皇學館大文学部国史学科を卒業後、昭和48年4月に熱田神宮の神職に就き、平成26年11月に権宮司に就任しています。

熱田に伝わるのが楊貴妃伝説ですが、蓬莱(ほうらい)、蓬左(ほうさ)の由来にもつながります。

熱田神宮の伝説は、三種の神器の一つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)で、素戔嗚尊(すさのお)が、やまたのおろちを退治した時に、その尾から出た神剣といわれています。


 

大須観音へのアクセス方法は?

熱田神宮への行き方・アクセスは、電車では最寄り駅が、名鉄「神宮前駅」になります。名古屋駅からは名鉄に乗り換えて来てください。

地下鉄の最寄り駅は、名城線「伝馬町駅」または「神宮西駅」でおります。

中部国際空港(セントレア)よりお越しの方は、中部国際空港からは、名鉄常滑線(約20分)で「名鉄神宮前駅」で下車し、徒歩3分で着きます。

車をご利用の方は東京方面からお越しの方は、こちらのページをご覧ください。
https://www.atsutajingu.or.jp/access/

熱田神社の駐車場合計台数は約400台です。東門駐車場は約300台、西門駐車場は約40台、南門駐車場は約60台を置けます。かなりの台数を置けるので安心です。駐車場は無料でご利用できます。周辺のパーキングをさがさなくても大丈夫ですね。

大型バスは西門の指定場所に駐車します。駐車場のご利用時間は、基本的に午後5時までです。夜間ご利用の場合は、西門の指定場所に駐車してください。

また、祭典行事などで駐車場の使用制限する場合があります。駐車場使用される方は、熱田神宮トップページの最新情報を見てください。

アクセスや駐車場の地図・マップはこちらです。
https://www.atsutajingu.or.jp/access/

熱田神宮へタクシーでお越しの際は、下記のタクシー会社などをご利用ください。

・宝交通(株) 宝タクシー配車センター 052-682-6000

・名古屋ハイヤー・タクシー交通共済協組 052-682-6000

・親和個人タクシー協同組合 052-682-3385

熱田神宮の県内ず・見取り図はこちらのPDFから見ることができます。
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/about/keidai/pdf/keidai.pdf

 

熱田神宮の営業時間は?

熱田神宮の営業時間は、開門時間や閉門時間などありません。24時間営業なんて珍しいですよね。見学時間や参拝時間を気にせず、24時間いつでも参拝することができます。ですが夜間のご参拝の場合は、西門の駐車場をご利用ください。暖かい格好をして来てくださいね。

 

熱田神宮の料金は?

熱田神宮では、入場料や拝観料はありませんが、個人のご祈願、安産祈願・初宮詣・初誕生祝い・七五三詣、そのほかに厄除・災難除・心願成就・車祓いなどを受け付けています。

各種ご祈祷では、授与所で当日に受け付けをしています。午前8時30分~午後4時までの受け付けで、参拝料・初穂料は、6000円、8000円、1万円以上になります。

車払いでは、車のご購入時に限らず、誕生日や運転免許取得日など、毎年一度「車祓いの日」をご自身で定められることを熱田神宮では、おすすめしています。こころ新たに皆様一人ひとりが、いつも交通安全を願われる時、優しさと思いやりの輪が社会に広がっているということだそうです。

車祓いについては祭務部 電話:(052)-671-4152 までお問い合わせください。

 

熱田神宮での食事は?

熱田神宮の周辺には、ランチやディナーなどが楽しめるレストランや喫茶店・カフェが沢山あります。食べ歩きもおすすめです。

・「あつた蓬莱軒 神宮店」
名古屋名物であるひつまぶしが食べられます。座敷席もあります。お値段は少しはりますが、美味しいひつまぶしが食べられます。
http://www.houraiken.com/jingu/access.html

・「べんてん あつた辨天」
個室がある古民家ふうの上品なお店です。うなぎ・ひつまぶしを中心に白焼きや肝焼きを食べることができます。
http://www.atsuta-benten.com/

・「宮きしめん 神宮店」
熱田神宮の計内にあり、いつも参拝者や観光客でにぎわっている、深い緑に囲まれた雰囲気のお店です。朝9時から開店しているので、朝ご飯にもおすすめです。
https://www.miyakishimen.co.jp/jingu/

・「コメダ珈琲店 伝馬町店」
名古屋名物であるお得な選べるモーニングが食べられます。全てのドリンクに焼きたてのトーストと、ゆで卵、卵ペースト、小倉あんのいずれか1つが無料でついてきます。

・「おかげ庵 新開町店」
おかげ庵では、おにぎりセットや、トーストセットを、おちゃのこセットなどのモーニングセットを選ぶことができます。またうどんやそば、スイーツ・ぜんざいなども充実しています。
http://www.komeda.co.jp/okagean/index.html

・「賀城園」
大小様々な個室があり、12本分の上品な店内です。懐石料理や鍋料理を食べることができる料亭です。美しい庭園が自慢です。
http://www.gajouen.co.jp/

・「ちかさんの手料理」
美味しいとんかつや味噌カツ、メンチカツを食べることができます。
052-682-1541

・「川鉦 熱田本店」
名古屋名物の味噌煮込みうどんや、味噌カツや刺身定食なども食べられます。
http://www.kawasho-udn.com/

・「麺家 あべの 神宮前」
贅沢なチャーシューが乗ったボリュームのあるラーメンを食べることができます。つけ麺もあります。
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23033130/

・「天下一品 熱田店」
天下一品の名物であるこってりスープが美味しいどこにも真似のできない美味しいスープのラーメンが食べられます。
https://www.tenkaippin.co.jp/

・「天ぷら割烹 井善 」
天ぷら料理が食べられますがそれだけでなく、豊富なメニューが特徴です。
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23038383/

・「世界の山ちゃん 金山店 」
幻の手羽先が食べられます。総席数71席あり、カウンター席やテーブル席と座敷もあります。
http://www.yamachan.co.jp/shop/aichi/kanayama.php

・「串あげ屋福爐 」
様々な串揚げ・串カツが食べられます。
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23008589/

・「ハートブレッドアンティーク イオン熱田店 」
スイーツのようなパン屋、お惣菜パン、ドーナツなど、様々なパンが食べられます。チーズを使ったパンが人気です。
https://www.heart-bread.com/

・「大衆焼肉 味樹園 堀田店」
本格的な焼肉が食べられます。ご家族、デート、宴会、女子会にも使えます。
http://www.mikien.net/horita.html

・「きよめ餅総本家」
熱田神宮詣でのお土産に最適な、今も昔も変わらないきよめ餅が人気です。お饅頭もおいしいですよ。
http://www.kiyome.net/

・「お休み処 清め茶屋」
ぜんざい屋を抹茶などの和のスイーツや和菓子も食べられます。
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23006440/

・「JAPANESE DINING和民 金山北口駅前店」
居酒屋といえば和民です。気兼ねなく入れる雰囲気が人気です。個室や完全個室もあります。
https://watami-zawatami.com/kanayamakitaguchi/

・「おやじダイニングしょうぶ」
和食を始め様々な創作料理が楽しめます。女子会や忘年会など、団体30名様まで予約が可能です。
https://japanese-izakaya-restaurant-12127.business.site/

・「ガスト 熱田一番店」
ファミレスを代表するお店です。小さなお子様がいても気兼ねなく入れるのがおすすめのお店です。 https://store-info.skylark.co.jp/gusto/spot/detail?code=018679&_resl=true

・「魚民 熱田神宮前西口駅前店」
美味しい料理と美味しいお魚、美味しい地酒を楽しむことができます。
https://www.hotpepper.jp/strJ000763141/?vos=evhpppg0007&pog=mt(b)ti(aud-343044433334:dsa-379487381405)dv(c)cr(272985267829)fi(23869833557)gi(55215999785)ci(1418056210)lc(1009343)ps(1t1)nw(g)&gclid=EAIaIQobChMIiZvC_IfR4QIViauWCh1mwgQEEAAYASAAEgKi2fD_BwE&gclsrc=aw.ds

熱田神宮の初詣では屋台の露店・でみせが沢山出ます。定番であるたこ焼き屋、じゃがバターは、お好み焼き、焼きそばなども出展されています。

 

熱田神宮の行事について

熱田神宮では年間を通じて様々な行事やいいイベントを行っています。

元旦に行われる「歳旦祭」は、新年初のお祭りです。新しい年にさいして、皇室を始め、国家、国民の平和と繁栄を祈願します。初詣には、毎年200万人以上の人がおとずれます。

1月5日は、熱田神宮の初えびすが行われます。商売繁盛、家内安全、・漁業豊漁を祈る祭りです。上知我麻神社、大国主社、事代主社で執り行われます。

熱田神宮では、境内に現在6軒の茶席があり、その内、蓬乾亭(ほうけんてい)を除く5軒を、毎月15日の月次茶会で利用されています。千秋閣(せんしゅうかく)、又兵衛(またべえ)、清雪庵(せいせつあん)、六友軒(ろくゆうけん)、蓬庵(ほうあん)で行われます。

毎月1日に、月次祭が行われています。2月3日には節分祭が行われます。

5月1日には、舞楽神事(ぶがくしんじ)が行われます。なんと平安時代から伝い行われている神事であり、王朝絵巻の世界へ誘われるような、雅やかな舞振りを披露してくれます。神楽殿前庭に朱塗の高舞台を設け、終日舞楽を奉奏(ほうそう)します。

6月には、例祭(熱田まつり)が行われます。天皇陛下のおつかい(勅使)が参向される、熱田神宮の祭典中最も重要かつ荘厳なお祭りです。献灯まきわら・花火をはじめ、さまざまな奉納行事が催され、市民に広く親しまれています。

11月には、七五三詣(しちごさんもうで)が行われます。七五三の当日は、午前8時30分から午後4時の間に、大神様に祈る御祈祷を受け付けています。

12月には農業感謝祭が行われます。感謝祭と共に、熱田神宮豊年講と愛知県農業協同組合中央会の主催で、農林畜産物品評会が開催されます。農業感謝祭は、その年の収穫を神様に感謝するお祭りです。毎年12月第3金曜日に行われます。

熱田神宮には、ならずの梅という梅があります。樹齢は約400年以上で3メートルほどの高さがあります。毎年きれいに花が咲くのに、いまだかつて一度も梅の実を実らせたことがないことで有名です。熱田神宮には、桜は少ししかありませんが、紅葉の時期はとても綺麗です。

 

熱田神宮の参拝について

熱田神宮では、正しい参拝作法を説明しています。正しい参拝方法と清らかな心で、神前に立ちお参りすることを勧めています。

詳しい参拝方法はこちらです。
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/omairi/howto.html

熱田神宮の中でも名高い祭典や、由緒深い神事として、新春御垣内特別参拝を行っています。1月の1日からは1月の11日まで、午前8時半~午後4時本宮拝殿にて行っています。普段は入ることのできない御垣内で、特別参拝を執り行います。初穂料、一葉1000円かかりますが、中学生以下は無料です。

熱田神宮はとても広く、全て回るのに所要時間はかなりかかります。

熱田神宮では、お宮参りも人気です。赤ちゃんが生まれてから生後1ヶ月目くらいが目安とされています。
お守りなどを買うことを授与と言います。お守りなどを買うことを授与と言います。初えびすなどでは、参拝者がとても多いので、授与品がなくなることもあります。

熱田神宮では、厄年・年廻り(やくどし・としまわり)2厄払いを行っています。年廻りは、9年に一度巡る運気停滞の年です。男女共に誕生年から数えます。受け付けは毎日しています。

熱田神宮では車祓いも行っています。車のご購入時に限らず、毎年一度車祓いの日を定めておくとよいでしょう。

その他にも、安産祈願、災難除・心願成就なども受け付けています。予約の必要はなく全て当日受け付けです。受け付け場所は授与所で受け付けています。車祓いは祈祷殿受付にて当日受け付けています。

 

熱田神宮のご利益について

熱田神宮には様々なご利益がいただけるというパワースポットがあります。「清水社」お清水様と呼ばれているところがありますが、平清盛が目を患った際に、その水で目を洗ったところ治癒されたということから、目の神様と呼ばれています。水かけを3回すると肌がきれいになるという噂もあります。

熱田神宮では、恋愛成就などの縁結びや縁切り、復縁祈願、合格祈願、交通安全祈願、安産祈願、病気平癒祈願、必勝祈願、金運祈願など、様々なご利益があると言われています。

 

熱田神宮の見どころは?

熱田神宮の見どころは沢山あり、正門、西門、東門、南門と、どこから入っても見どころが満載です。境内の中には、受け付けや茶席なども含め46ヶ所もの見所があります。

境内案内マップはこちらのページです。
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/about/keidai/

熱田神宮にゆかりのある神社として、境内には本宮(本殿)を始め、別宮・摂社・末社が祀られているいます。境外にも摂社四社、末社十二社を数え、すべてあわせて四十五の社をお祀りしています。

熱田神宮の御神体は草薙の剣です。熱田神宮には三種の神器がありますが、三種の神器とは、出雲の八尺瓊勾玉と、神宮の神鏡(八咫鏡)と、熱田神宮の天叢雲の御剣、これが草薙神剣になります。

熱田神宮の、文化殿・宝物館では、収蔵品約6,000点のうちより、毎月選りすぐりの宝物を入れ替えて展示しています。昭和41年12月に開館しています。

「文化財保護法第53条の規定に基づく公開承認施設」の承認を受けています。収蔵品は皇室を始め、広い層から熱田神宮に寄進された資料約6,000点を収蔵し、国宝・重要文化財・愛知県文化財に指定されたものは、177点あります。

宝物館には、沢山の日本刀・刀剣が収められており、直澄の次郎太刀もここに収められています。新春特別展「熱田神宮名宝展」が平成31年の1月1日~1月29日まで宝物館で開催されました。

神楽殿では、初宮参り・安産・厄除け・家内安全などのご祈祷を奉仕する社殿です。土用殿(どようでん)は、昔に草薙神剣が置かれてあった場所です。勾玉苑は特別公開のときにだけ見ることができます。

1955年に建設された能楽殿は、1997年に改修を行いましたが、名古屋能楽堂が開館したことで舞台利用件数が減少し、老朽化のため2006年をもって閉鎖されました。


熱田神宮の龍神社(りゅうじんじゃ)は、吉備武彦命(きびたけひこのみこと)と、大伴武日命(おおともたけひのみこと)の2つの祭神をお祀りしています。

熱田神宮では、樹齢が何百年という御神木があります。その名は「大楠」というクスノキがとても有名です。その他にもクスノキは3本ほどあり、御神木として崇められています。パワースポットとしてとても人気です。
熱田神宮には、こころの小径(こみち)というものがあります。数年前から公開された特別な場所です。撮影禁止なので、こころの目に焼き付けておきましょう。

信長塀(のぶながべい)は、1560年に織田信長が、桶狭間出陣のとき、熱田神宮に必勝祈願をして見事大勝したとして、そのお礼として奉納された築地塀(ついじべい)です。

熱田神宮では御朱印を授かることができます。お守りなどが販売されている本宮で購入することができます。

熱田神宮の授与所では、神札・御守を授与する建物です。ご祈祷のお申込みも授与所にて受付けます。

歩射神事(ほしゃしんじ)は、神矢により豊年と除災を祈る行事です。をもとに向かって弓を中央の千木に向けて放ちます。1月の15日に、本宮・神楽殿前庭にて行われます。

熱田神宮の参拝ルートや回り方、歩き方は自由ですが、全てを観光するとなるとかなりの所要時間を要します。


 

熱田神宮の753について

熱田神宮の753、七五三詣は、1月15日2限らずその前後1ヶ月ほどの間にお参りされる方が多いです。予約は受け付けておらず、午前8時半~午後4時の間の当日受け付けになります。熱田神宮では七五三パックを行っていましたが、平成30年度11月25日をもって終了しました。当日受け付けなので混雑が予想されます。お早目の時間帯のお参りが良いと思います。

 

熱田神宮での結婚式について

熱田神宮では結婚式・ブライダルも受け付けております。本格的な神社挙式であり、伝統の神前結婚式ができます。古来の歴史と文化を熟知した神道の専門家である神職が、格式高い神道祭典として紡ぎ上げます。挙式の後は披露宴のお食事会ができます。緑豊かな庭が見える空間で、最上のおもてなしをしてくれます。前撮りなどもしてくれるので、安心してゆったりとした気持ちで挙式をすることができます。

熱田神宮会館では、みなも神殿挙式を受け付けています。杜の緑に囲まれたひときわ目を引くみなも神殿は、二艘の船の上に建てられた雅やかな神殿です。

 

熱田神宮のお土産について

熱田神宮のお守りは、たくさんの種類がありますが、一風変わったカード型「身体守」のお守りもあります。
その他にも破魔矢、絵馬、土鈴、勝守、白鳥守などがおすすめです。熊手は、初恵比寿のときに販売されます。

熱田神宮のお守りの土産も良いですが、熱田神宮の周辺にはお土産屋さんがあります。
「餅文総本店 餅屋文蔵の店」では、350年の歴史よもつ、もっちりとした生ういろうがおすすめです。
「不朽園 (フキュウエン)」では、種類によって皮の焼き加減などを調節する最中が食べられます。

 

熱田神宮周辺のおすすめホテルは?

熱田神宮周辺の宿や旅館、宿泊施設、ホテル、ビジネスホテルなどはこちらのページがおすすめです。
https://www.trivago.jp/?themeId=1006&iGeoDistanceItem=3157252&sem_keyword=%E7%86%B1%E7%94%B0%E7%A5%9E%E5%AE%AE%20%E5%AE%BF&sem_creativeid=318626915944&sem_matchtype=e&sem_network=g&sem_device=c&sem_placement=&sem_target=&sem_adposition=1t1&sem_param1=&sem_param2=&sem_campaignid=1623716344&sem_adgroupid=70236358948&sem_targetid=kwd-562209591575&sem_location=1009343&cip=8119000567&gclid=EAIaIQobChMI04qz-YjW4QIV0KuWCh07aQSjEAAYASAAEgIo5fD_BwE

-熱田神宮

Copyright© 名古屋観光おすすめスポットの見どころ、料金、アクセス、写真で綴る体験レポ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.