白鳥庭園

白鳥庭園の入館料、アクセス方法、営業時間をご紹介します!

投稿日:

白鳥庭園とは?

白鳥庭園とは、愛知県名古屋市にある、池泉回遊式庭園です。自然豊かな大きな公園と思ってもらえばよいと思います。白鳥庭園は、中部地方最大級の規模を誇り、中部地方の地形をモチーフに、築山を「御嶽山」、そこからの流れを「木曽川」、流れの水が注ぎ込む池を「伊勢湾」に見立て、源流から大海までの『水の物語』をテーマにした市内随一の大きさを誇る日本庭園です。

渓谷を覆うように楓が生え、秋にはすばらしい紅葉が深山幽谷の雰囲気を醸し出します。中部地方の地形をモチーフにした敷地面積3.7ヘクタール(一万一千坪)の東海地方最大級の規模を誇る池泉回遊式日本庭園です。

白鳥八景と言われる8つの景色が見どころです。滝の景、渓谷の景、水郷の景、海洋の景、汐入の景、宮の渡しの景、里の景、清羽亭の景、これが8つの景色です。白鳥霊園ば、壮大な自然を堪能できる憩いのばしょです。

それぞれのみどころを簡単に説明したいと思います。

滝の景
御嶽山に降りそそいだ雨の一部は伏流水となり地中深くしみこみます。それらは大きな流れとなり、渓谷へと一気に下っていきます。火山の特徴である幾重にも重なった溶岩の間には伏流水が蓄えられ、やがて伏流水が地上に湧き出てきます。細い糸状となってやさしい滝となり渓谷に流れ込みます。

渓谷の景
深い渓谷にたどり着いた流れは急流となり、巨石、奇石をぬって大きな淵をつくりながら、木曽川となって下っていきます。

水郷の景
流れが緩やかな木曽川は、揖斐川・長良川と合流します。中部地方を代表する大河が一同に会します。スケールの大きな風景です。

海洋の景
水面に浮かぶ中島を2つの橋が結びます。樹海から空へと広がる大きなスケールの景色です。

汐入の景
汐の満ち引きによって移り変わる景色が楽しめる庭です。伝統的な庭の意匠を現代の感性と技術で表現しています。

宮の渡しの景
東海道の海路として賑わう宿場町、常夜灯や七里の渡しなどを造景のモチーフにしています。

里の景
ここは人里を表現していて、梅や桃など花の香りに満ちた里のイメージです。秋の実や紅葉が綺麗で、収穫による豊かさを表現しています。

清羽亭の景
清羽亭の露地は、千利休の伝統的な作法を踏襲をしています。梅見門を境に景色を持たない外露地と幽玄の趣がある内露地とに区別された二重露地の構成になっています。

とてもすてきな日本庭園ですのでぜひいらしてください。

白鳥庭園へのアクセス方法は?

白鳥庭園の行き方・地下鉄でのアクセス方法は、地下鉄名城線『神宮西』駅下車です。4番出口より徒歩10分。白鳥橋を渡ってすぐを右折します。

市バスでのアクセス方法は、金山から金山25系統『野跡駅・港区役所』行き 白鳥橋下車 徒歩3分です。

神宮東門から幹神宮2系統『権野・中川車庫前』行き  白鳥橋下車 徒歩3分です。

車でもアクセスできますが、イベントの際など混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用いただくことをおすすめします。また駐車場は有料となっています。

白鳥庭園周辺コインパーキング(提携駐車場ではありません)
http://www.shirotori-garden.jp/artis-cms/cms-files/20181107-105755-4861.pdf

また名古屋ではパーク&ライドというものがあります。無料で利用できるイオンモール熱田巡回バスが登場しました。白鳥庭園への来園が便利になりました。パーク&ライドとは、出発地からは自家用車を利用し、近くの駅など駐車場がある場合で駐車し、そこから電車やバスなどに乗り換えて目的地まで移動する方式です。
時刻表などの詳細はこちらから。
http://www.shirotori-garden.jp/access/park_and_ride/index.html

【時刻表】 11時~18時までの運行で、毎時間15分に白鳥庭園を出発します。(13時台を除く)
イオンモール熱田(出発) 白鳥庭園 イオンモール熱田(到着)
11:00 11:15 11:36
12:00 12:15 12:36
運休
14:00 14:15 14:36
15:00 15:15 15:36
16:00 16:15 16:36
17:00 17:15 17:36
18:00 18:15 18:36
 

白鳥庭園の入場料は?

白鳥庭園では入場料がかかります。
個人
大人(中学生以下 無料) 300円
高齢者(名古屋市内在住 65歳以上※) 100円
 
団体
大人(中学生以下 無料) 30人以上270円 100人以上240円
高齢者(名古屋市内在住 65歳以上※) 90円 100人以上80円
 
定期観覧券
大人 1,200円
高齢者 400円
 

白鳥庭園では、割引制度はなく以下に該当する方は入園料が全額免除となります。
対象となる手帳 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳、愛護手帳(療育手帳)、精神障害者保健福祉手帳、特定医療費受給者証、障害福祉サービス受給者証※日本国の法令により発行された手帳に限ります。
対象者 手帳所持者及び介護者(必要に応じて2名まで)
駐車料金 普通車1台分免除
申請方法 改札で手帳を提示してください
 

毎年10月第3日曜日に行われる名古屋まつりの日は、白鳥庭園は無料開放の対象になっていますので、その日に合わせてくるのがお得です。

白鳥庭園の営業時間は?

白鳥庭園の営業時間
開園時間 9時~17時 (入園:16時30分まで)
休園日 毎週月曜日(ただし月曜日が休日にあたる場合は直後の休日ではない日)
年末年始
 

注意事項があります。

・立ち入り禁止の場所や園路以外には入らないこと。
・犬や猫などのペットの連れての入園はできません。
・園内で販売されている以外の鯉の餌をあたえないこと。
・呼び出し放送などは行っていないので、迷子など注意すること。
・鳥に餌を与えないこと。
・園内での飲食は可能ですが、飲酒はできません。
・植物をとったり傷つけたりしないこと。
・火気の使用は禁止です。
・清羽亭の見学については白鳥庭園管理事務所へお問い合わせください。
・清羽亭の利用日は、清羽亭(茶室)露地庭の見学はできません。
・車いすの方は受付にお申し付けください。

白鳥庭園の紅葉について

白鳥庭園の紅葉はとても壮大で綺麗です。ぜひいらしてください。見頃は2019年では11月が見ごろです。毎年「観楓会」かんぷうかい、あかりアートが開催されます。絶好の撮影スポットです。たくさん写真をとってください。

「観楓会」かんぷうかいは、令和元年11月16日(土)、17日(日)、23日(土・祝)、24日(日)に開催されます。

あかりアートは、令和元年11月16日(土)~12月8日(日)に開催されますが、期間中11月18日(月)、25日(月)12月2日(月)は休園日となりますのでご注意ください。

開園時間9時~21時(入園は20:30まで)17時より正門のみの入園となります。日没よりライトアップがはじまります。
入園料 大人300円(中学生以下無料)
名古屋市内在中65歳以上(要・敬老手帳等)100円

ですが、名古屋施設第一号の公園が誕生した11月を記念して、11月17日は無料開園します。これはとても耳寄りの情報ですよね!
その日に合わせて見に行けば無料で、きれいな紅葉を楽しむことができます。

白鳥庭園のライトアップについて

白鳥庭園の紅葉がライトアップが始まる時間は17時からとなります。白鳥庭園では桜のライトアップはしていません。ですので、幻想的な空間を味わうのには、やはり紅葉の時期が一番です。イルミネーションの展示が一部あるようですので、探してみるのも楽しいかもしれませんね。

白鳥庭園のイベント情報

白鳥庭園では 様々な季節のイベントを行っております。

1月には新春茶会がひらかれます。白鳥庭園で新春の茶の湯を楽しむことができます。
期間令和2年1月11日(土)~13日(月祝)
開園時間9時~17時(入園は16時30分まで)
入園料300円(中学生以下無料)市内在住65歳以上(要・敬老手帳等)100円

3月には、観桜会 花見茶会がひらかれます。
令和、最初の桜は白鳥庭園「魁の枝垂桜」から
期間令和2年3月28日(土)~29日(日)
開園時間9時~17時(入園は16時30分まで)
入園料300円(中学生以下無料)市内在住65歳以上(要・敬老手帳等)100円

5月には春浪漫 さつき茶会がひらかれます。
若楓 葉波に泳ぐ さつき鯉
令和元年は終了しました。

6月には紫陽花茶会がひらかれます。
四十品種、約四百株の紫陽花による初夏のおもてなし
令和元年は終了しました。

7月には観蓮会 清涼茶会がひらかれます。
夏深き 入り江のはちす咲きにけり
令和元年は終了しました。

9月には、秋露祭 観月茶会/涼風茶会/白鳥寄席 秋の特別席がひらかれます。
16日(月・祝)敬老の日は、65歳以上の方は入園無料
開園時間
13日(金)~15日(日)は9:00~21:30(入園は21:00まで)午後5時より正門のみの入園(北門は閉門)となります。
16日(月・祝)は9:00?17:00(入園は16:30まで)
入園料 大人300円(中学生以下無料)、市内在住65歳以上(要・敬老手帳等)100円、16日(月・祝)敬老の日は、65歳以上の方は入園無料
(敬老手帳や運転免許所等の公的機関が発行する年齢確認のできるものをご提示ください)

10月には、白鳥庭園 大茶会がひらかれます。
期間 令和元年10月20日(日)
開園時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
入園料 名古屋まつりのため入園無料!(この日のみ)

※詳細決まり次第、公式サイトで更新いたします。
http://www.shirotori-garden.jp/calendar/october/daityakai/index.html

11月には、観楓会(かんぷうかい)/あかりアートがひらかれます。
期間 令和元年11月16日(土)・17日(日)・23日(土・祝)・24日(日)

あかりアート
期間 令和元年11月16日(土)?12月8日(日)、期間中11月18日(月)、11月25日(月)、12月2日(月)は
休園日となりますので、ご注意ください。

開園時間 9:00-21:00(入園は20:30まで)、7:00より正門のみの入園(北門は閉門)となります。
日没(17:00前後)よりライトアップが始まります。
入園料 大人300円(中学生以下無料)、
名古屋市内在住65歳以上(要・敬老手帳等)100円
名古屋市設置第一号の公園が誕生した11月を記念して、11月17日(日)は無料開園いたします。

12月もあかりアートが開催されます。
イルミネーションがきれいなこの季節だけ出会えるこの景色

期間 令和元年11月16日(土)~12月8日(日),期間中11月18日(月)、11月25日(月)、12月2日(月)は休園日となりますので、ご注意ください。
開園時間 9:00-21:00(入園は20:30まで)、17:00より正門のみの入園(北門は閉門)となります。
入園料 大人300円(中学生以下無料)、
名古屋市内在住65歳以上(要・敬老手帳等)100円
名古屋市設置第一号の公園が誕生した11月を記念して、11月17日(日)は無料開園いたします。

日没(17:00前後)よりライトアップが始まります。

また、人気のイベントとして、「白鳥庭園謎解きの庭」が人気です。白鳥霊園では人気の謎解きゲームで、もう何回も開催されているイベントです。ラリー形式の謎解きで、2019年4月から行われた謎解きでは、新人庭師の寿と一緒に謎と解き明かします。今回のミッションは、設計図を完成させることです。ヒントコーナーなどもあり、素敵な庭園を楽しみながら、謎解きにチャレンジできます。対象年齢は10歳以上、低学年の子どもは保護者と参加できます。

2018年、生物多様性条約COP10開催記念イベント エシカル・デー・なごや2018
白鳥庭園の名古屋まつり「エシカルでいきましょ!」Vol.8 が開催されました。
2010年のCOP10生物多様性条約第10回締約国会議を記念し、翌年から「エシカル・デー・なごや」がスタートしました。エシカルとはEthical(倫理的、道徳的)という意味です。美しく健やかな地球を次世代へつなげようというイベントです。

白鳥庭園の見どころは?

白鳥庭園の見どころといえば、すべてですが、建物としてはやはり清羽亭の茶室でしょう。庭園の中央にある清羽亭の茶室は、自然の素材をいかして京都数寄屋大工と尾張大工の親密な協力によって造り上げられた本格的な数寄屋建設です。外観は白鳥の舞い降りる姿をイメージしてつくられました。庭園と建物の美しい調和が見所です。

白鳥霊園では、さまざまな自然の彩を楽しむことができます。潮の満ち引きにより変化する「汐入の庭」、3つの音色を奏でる「水琴窟」がもうけられ、庭園を渡る風の音をたのしむことができます。

白鳥庭園の雪吊りとは、あかりアートでみられるイルミネーションのことです。冬の冷たい空気の中を散策しながらみる雪吊りは何ともいえません。また、冬の花と知られている水仙もみどころです。堂々と咲き誇る水仙はほかではなかなか見られないでしょう。

白鳥庭園のレストランは?

白鳥庭園では、汐入亭という甘味処があります。ふわふわのかき氷が堪能できます。抹茶や甘味がセットになった「お点前セット」も人気です。自分で建てた抹茶と手作りしろ玉とつぶあん、われもなかのスイーツ、かりんとうをセットにしています。抹茶のみ単品でもお召し上がりいただけます。
そのほかにも白鳥サイダー、ミルク(ホット/アイス)、ホットコーヒー、贅沢淹れたてアイスコーヒー、わ紅茶(岡崎「宮ザキ園」無農薬有機農法の日本茶葉使用)、アールグレイアイスティ、粒入りグレープフルーツジュース、手作りグリーンティ、カフェオレなど、さまざまなジュースやドリンクを楽しむことができます。ぜんざいやホットケーキなどもあります。塩入の庭をながめながら、ここでしか味わえない味をご堪能ください。

白鳥庭園の周辺でのランチやィナー、食事もご紹介しています。

白鳥庭園からほど近い、「白鳥甲羅本店」がおすすめです。
カニをメインに扱っているお食事処で、ぜいたくなカニを味わうことができます。ティナーにおすすめです。
http://www.kora-honten.jp/

あつた辨天、はいかがでしょうか。
名古屋名物のひつまぶしをいただくことができます。昭和4年から受け継がれる伝統の味と技がひかります。
http://www.atsuta-benten.com/

ちゃんこ天山 鍋料理、もおすすめです。
ちゃんこの材料にこだわりをもって提供されています。おいしいちゃんこをどうぞお召し上がりください。
https://www.tenzan-net.com/

カフェ38(ミツバチ)では、素材本来の味をたのしめる、一品一品丁寧に作られた料理を食べられるお店です。体に優しいオーガニックをご堪能ください。
https://retty.me/area/PRE23/ARE65/SUB6504/100001239406/

賀城園では、四季折々の美しい庭園をみながら、お食事ができます。
http://www.gajouen.co.jp/

バイキングや食べ放題のお店は周辺にはあまりないようです。

白鳥庭園の花見について

白鳥庭園でお花見がおすすめです。美しいしだれ桜などもみることができます。そのほかにも梅などもさきほこっています。春の日和にぜひ、みごとなしだれ桜で心が癒やされます。庭園内には汐入亭というカフェもあるので、しだれ桜を堪能しながらスイーツやコーヒーなどをお楽しみいただけます。

白鳥庭園の結婚式について

白鳥庭園では、結婚式もあげることができます。白鳥庭園THE SHIGENです。中部地方最大級の日本庭園で結婚式をあげませんか?

日本庭園で前撮りもおこなっています。1日1組のおもてなしや、この場所でしかできない美食スタイルなど、とくべつな挙式になることでしょう。

-白鳥庭園

Copyright© 名古屋観光おすすめスポットの見どころ、料金、アクセス、写真で綴る体験レポ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.